各種研修情報

受付中の研修予定や過去の活動内容

研修の開催情報

受付終了
第2回広島県生活支援コーディネーター育成研修・情報交換会(3月5日)について
受付終了
広島県短期集中予防サービス実践事例報告研修(3月10日(火))について
受付終了
広島県自立支援型ケアマネジメントアセスメント力向上研修(令和2年2月14日)について
受付終了
広島県地域リハビリテーション専門職等専門研修会(12月19日,広島会場②)の開催について
受付終了
広島県生活コーディネーター育成研修・情報交換会(12月6日)について
受付終了
広島県地域リハビリテーション広域支援センター等研修(11/16広島会場,11/30福山会場)について
受付終了
広島県自立支援型地域ケア個別会議司会者養成研修(12月17日)の開催について
受付終了
広島県地域リハビリテーション専門職等専門研修会(11月21日,呉会場)の開催について
受付終了
自立支援に資する介護予防ケアマネジメントためのアセスメントマニュアル活用研修(12月3日,福山会場)の開催について
受付終了
広島県地域リハビリテーション専門職等専門研修会(10月17日,福山会場)の開催について
受付終了
高齢者虐待防止研修「介護施設等における高齢者虐待の防止に取り組み,尊厳のあるケアを目指して」(10月18日)の開催について
受付終了
広島県地域リハビリテーション専門職等専門研修会(9月26日,三原会場)の開催について
受付終了
自立支援に資する介護予防ケアマネジメントためのアセスメントマニュアル活用研修(10月29日)の開催について
受付終了
令和元年度広島県短期集中予防サービス実践研修(福山会場)
受付終了
高齢者虐待対応研修「養介護施設従事者等による高齢者虐待~県・市町の責務とその対応~」の開催

研修の年間計画

リハビリテーション専門職等の研修

地域リハビリテーション専門職等基礎研修
目的 介護予防事業を効果的かつ効率的に展開していくためには,地域リハビリテーションの視点に基づいた「口腔」「栄養」「運動」「社会参加」への一体的な取組が必要である。それらの考え方や実践方法を理解し,介護予防・重度化予防に取り組むリハビリテーション専門職等を養成する。
対象 理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,管理栄養士,歯科医師,歯科衛生士,薬剤師,保健師等地域リハビリテーションに係る専門職
開催日 広島会場
 広島① 令和2年9月6日(日)
 広島② 令和2年10月4日(日)

福山会場
     令和2年12月20日(日)
会場 広島会場
 広島① 国保会館 6階大会議室
 広島② 広島市東区地域福祉センター 3階大会議室

福山会場 未定
    
地域リハビリテーション専門職等専門研修
目的 「通いの場」や自立支援型地域ケア会議に参加するリハビリテーション等の専門職が,それぞれの持つ専門性を効果的に発揮するための視点や方法を学ぶ。
対象 広島県地域リハビリテーション専門職等基礎研修会及び市町で実施の同様の研修会修了者
開催日 三次会場 令和2年11月13日(金)
広島会場 令和2年12月15日(火)
呉会場  令和3年1月頃
福山会場 令和3年2月頃
会場 未定
地域リハビリテーション広域支援センター等研修
目的 各市町における介護予防の推進にあたり,地域リハビリテーション支援体制の強化を図る。
対象 地域リハビリテーション広域支援センター及びサポートセンターのリハビリテーション専門職,県及び県保健所の職員
開催日 未定
会場 未定

生活支援コーディネーターの研修・情報交換

生活支援コーディネーター養成研修
目的 生活支援・介護予防サービスの充実・強化及び高齢者の社会参加を推進するため,生活支援コーディネーター新任者を養成する。
対象 ①生活支援コーディネーターに選任された者
②生活支援コーディネーターに選任される予定の者
③生活支援体制整備事業担当の市町職員
④県保健所の職員
開催日 未定
会場 未定
生活支援コーディネーター育成研修・情報交換会
目的 ・生活支援コーディネーターのスキルアップを図る。
・生活支援コーディネーター間の情報交換を行う。
対象 生活支援コーディネーター養成研修を受講し,生活支援コーディネーターに従事している者,県保健所の職員
開催日 第1回:10月20日(火)  第2回:1月頃
会場 第1回:広島県医師会館 201会議室
生活支援体制整備事業市町担当者情報交換会
目的 市町職員が,生活支援体制整備について理解を深めることを目的として,情報交換会を開催する。
対象 市町職員,県保健所の職員
開催日 未定
会場 未定

自立支援型ケアマネジメントの研修

自立支援型ケアマネジメント基本研修
目的 ・自立支援型介護予防ケアマネジメントに必要な口腔・栄養・運動の基礎知識を学ぶ。
・事例を用いて,自立支援に資する介護予防サービス・支援計画書作成について学ぶ。
対象 ①新任の方で,介護予防サービス・支援計画書の作成者(市町職員・県保健所(支所)職員・地域包括支援センター職員を対象)
② 介護予防サービス・支援計画書の作成研修を受けたことがない方(市町職員・県保健所(支所)職員・地域包括支援センター職員を対象)
③ 委託を受けている介護予防サービス・支援計画書作成者で、介護予防サービス・支援計画書の作成の研修を受けたことがない方
開催日 9月3日(基礎知識編)9月18日(実践編)
会場 広島県医師会館201会議室
定員 50名
自立支援型ケアマネジメントマニュアル活用研修
目的 介護予防に資する介護予防ケアマネジメントのためのアセスメントマニュアルを活用し,自身のアセスメントの視点を振り返る。
対象 ①市町職員・県保健所(支所)職員・地域包括支援センター職員及び介護予防支援事業所職員
②委託を受けている介護予防サービス・支援計画書作成者(居宅介護支援事業所職員)
開催日 10月27日(火)
会場 広島県医師会館201会議室
関連情報URL 50名
自立支援型ケアマネジメントアセスメント力向上研修
目的 高齢者に多い心不全についてのアセスメント力を向上させるため,医学的知識及び,病状悪化を防ぎ生活支援を行う上で必要な知識を学ぶ。
対象 ①市町職員・県保健所(支所)職員・地域包括支援センター職員及び介護予防支援事業所職員
②委託を受けている介護予防サービス・支援計画書作成者(居宅介護支援事業所職員)
開催日 2月頃
会場 未定
自立支援型地域ケア個別会議助言者研修
目的 自立支援型地域ケア個別会議において,効果的な助言を行うための助言者のスキルアップを行う。
対象 ①市町職員・県保健所(支所)職員
②現在市町の自立支援型地域ケア個別会議で助言者として参加している専門職
開催日 11月頃
会場 未定

短期集中予防サービスの研修

短期集中予防サービス活用研修
目的 ・短期集中予防サービスについての理解を深め,効果的な活用方法を学ぶ。
・実践事例を用いて,短期集中予防サービスの介護予防サービス・支援計画書への位置付けを考える。
・高齢者の自立のイメージについて考える。
対象 ①介護予防サービス・支援計画書の作成者(地域包括支援センター職員及び居宅介護支援事業所職員)
②市町職員・県保健所(支所)職員
開催日 2月頃
会場 未定
短期集中予防サービス実践事例報告研修
目的 ・短期集中予防サービスについての理解を深め,効果的な実践方法を学ぶ。
・実践事例を用いて,短期集中予防サービスの効果を考える。
・高齢者の自立のイメージについて考える。
対象 ①短期集中予防サービス実施事業所職員
②市町職員・県保健所(支所)職員
③介護予防サービス・支援計画書の作成者(地域包括支援センター職員及び居宅介護支援事業所職員)
開催日 3月頃
会場 未定

高齢者の自立支援に係るDVD活用研修

高齢者の自立支援に係るDVD活用研修
目的 ・令和元年度に作成した「高齢者の自立支援に係る研修ツールDVD」を活用して,地域の高齢者の自立支援につながる意識を喚起する研修企画を経験する。
・地域の高齢者に,高齢になっても元気になれるという意識を持ってもらえるツールとして,「高齢者の自立支援に係る研修ツールDVD」の活用方法を考える。
対象 ①地域包括支援センター職員及び居宅介護支援事業所職員
②市町職員・県保健所(支所)職員
開催日 11月10日(火)
会場 広島県医師会館201会議室
定員 50名

地域分析手法等の研修

地域分析手法等研修
目的 データを活用した地域分析研修を実施し,地域の実情の把握,施策展開に活用する。
テーマ 未定
対象 市町職員・県保健所(支所)職員
開催日 未定
会場 未定

高齢者虐待対応等の研修

高齢者虐待対応研修
目的 養護者による高齢者虐待の通報を受理した場合の初動から終結までの各段階で,適切な対応ができるよう基礎的な知識とスキルを学ぶ。
対象 市町職員,地域包括支援センター職員
開催日 令和2年10月13日(火)
会場 広島県医師会館 201会議室
高齢者虐待対応研修
目的 養介護施設における高齢者虐待の通報先である市町の職員が,通報を受けた時に適切に対応できるよう,受付時の留意点や事実確認の手順等,終結までの対応ポイントを学ぶ。
対象 市町職員,県厚生環境事務所職員
開催日 12月頃
高齢者虐待防止研修
目的 高齢者虐待防止法や高齢者の権利擁護について理解を深め,介護施設等における高齢者虐待防止の取組について学び,利用者の尊厳を守る介護の実現に資する。
対象 養介護施設等に従事する者
開催日 未定
会場 未定

研修・活動報告

研修報告

活動報告