業務ご案内 ~5つのサポート~

サポート①住民運営の通いの場の充実

身近な場所で誰もが介護予防に
取り組める地域づくりをサポート

地域住民が身近な場所で,自主的に介護予防につながる取組を行う場を充実し,誰もが介護予防に取り組める地域づくりを支援していきます。

地域づくりによる
介護予防推進支援事業アドバイザー派遣

要請のあった市町にアドバイザーを派遣し,
住民運営の通いの場の立上げ・継続を支援します。

主な支援内容

通いの場の意義や効果について,地域住民へ説明
地域のリハビリ専門職と協力して,通いの場の立ち上げ支援や体力測定等を実施
通いの場の交流大会やリーダー研修での講師等

派遣を希望する場合は,市町から県保健所(支所)に派遣申込書を提出してください。
(ただし,広島市は,県地域包括ケア・高齢者支援課に提出してください。)
→実施要領・申込みはこちら

広島県における通いの場設置状況の推移(週1回以上体操実施の会場数)

  平成29年
3月末
平成30年
3月末
平成31年
3月末
目標値
令和6年
3月末
通いの場設置数
(高齢者人口に占める参加率)
371か所
(0.8%)
936か所
(2.5%)
1,355か所
(3.7%)
4,500か所
(約10%)

呉市豊町の支援

神石高原町の世話人研修会

広島市の交流大会