トップページ > 地域リハビリテーション資源マップについて > 広島県の地域リハビリテーション推進事業について


広島県の地域リハビリテーション推進事業について

 広島県では,高齢者の介護予防と生活の質の向上及び障害のある人々の自立や社会参加を支援するため,リハビリテーション支援センター,地域リハビリテーション広域支援センター等の指定を行うとともに,その活動の評価及び今後の方策等の検討を行い,地域におけるリハビリテーション支援体制の推進を図り,併せて県内の地域包括ケア体制の推進に寄与することを目的として「広島県地域リハビリテーション推進事業」を展開しています。

広島県の地域リハビリテーション支援体制について

広島県地域リハビリテーション支援体制の概略図

広島県リハビリテーション支援センターの役割

 広島県リハビリテーション支援センター(公立みつぎ総合病院)は、県内の各地域リハビリテーション広域支援センターや地域リハビリテーションサポートセンターの支援として、実地研修や専門職派遣、連絡会議の開催等を行います。
 さらには、県内のリハビリテーション専門団体・機関との連絡・調整等を行い、広島県での地域包括ケア体制の推進を行います。

広島県地域リハビリテーション広域支援センター及び広島県地域リハビリテーションサポートセンターの役割

 広島県地域リハビリテーション広域支援センターと広島県地域リハビリテーションサポートセンターは協働して,二次保健医療圏域内の地域リハビリテーション活動をすすめることで、県内の地域包括ケア体制の推進に寄与します。

【広島県地域リハビリテーション広域支援センター】の主な役割
(1)地域住民の相談への対応に係る支援
(2)市町,地域におけるリハビリテーション実施機関からの相談,技術支援及び人材派遣
(3)必要に応じて,圏域内の関係機関の連絡・調整
(4)圏域内の地域包括支援センター等とのネットワーク化及び医療介護連携の推進
(5)地域リハビリテーション推進に係る人材の育成及び研修
【広島県地域リハビリテーションサポートセンター】の主な役割
(1)地域住民の相談への対応に係る支援
(2)市町,地域におけるリハビリテーション実施機関からの相談及び技術支援

























▲画面上部へもどる