トップページ > 業務ご案内トップ > 地域包括ケアシステム構築の支援


地域包括ケアシステム構築の支援

地域包括ケアシステムの面的拡大と質的向上

平成29年度末までに、広島県内125の日常生活圏域に125通りの地域包括ケアシステム構築を実現するため構築手法の類型化、選定圏域への集中支援、地域包括ケアシステムの構築状況の評価・指標の作成、実践例の情報発信を行います。

●地域包括ケアシステム構築手法の普及・定着
(広島県独自)地域特性に応じて5つの類型化を行い、類型ごとに対象地域を選定して専門職を派遣し、計画的に地域包括ケアシステムの構築を支援していきます。
●評価指標による評価
(広島県独自)「広島県の地域包括ケアシステム評価指標」を作成して活用し、地域包括ケアシステムの客観的なエビデンスを確保していきます。
●情報発信
選定圏域への支援で確認できた地域包括ケアシステムの構築に有効なさまざまな実践を、当センターのホームページで「参考になる取組」として発信していきます。
▲画面上部へもどる