トップページ > 業務ご案内トップ > 在宅ケアの推進


在宅ケアの推進

チームを動かす拠点の支援

地域包括ケアシステムの拠点である地域包括支援センターを支援するとともに、
課題解決やチーム形成の手法として「地域ケア会議」の定着を図ります。

●専門職の派遣

市町や地域包括支援センターの地域ケア会議や地域診断、多職種ネットワークづくりなどの支援のために、専門職を派遣します。

●地域包括支援センター職員研修

地域包括支援センター職員を対象に、地域ケア会議の効果的な運営や自立支援に資するケアマネジメントを目指す研修を行います。

●地域ケア会議・地域診断に関する実態調査

市町と地域包括支援センターを対象に、地域診断と地域ケア会議の実施状況を調査し、あわせてグループインタビューにより、具体的な取組の実践や課題の把握を行います。

●地域ケア会議ガイドラインの改訂・普及
地域ケア会議の法制化や生活支援コーディネーターの新設などに伴い、従来の地域ケア会議ガイドラインを改訂して、市町と地域包括支援センターへの普及・定着を目指します。
▲画面上部へもどる