トップページ > 業務ご案内トップ > 多職種連携の推進


多職種連携の推進

地域包括ケアシステム実現のための専門職の基盤づくり

各市町や日常生活圏域での多職種、特に医療・介護関係職種間の連携を図るための基盤づくりを行います。

●病院連携窓口調査

県内病院の連携窓口の名称、担当者等を調査して、当センターのホームページに掲載しています。内容は毎年度更新しています。

●退院調整状況調査

県内の地域包括支援センターと居宅介護支援事業所を対象に、医療機関からの退院時の連絡や退院時カンファレンスの開催状況を調査し、報告しています。

●退院後生活状況調査

上記の医療機関からの退院者について、退院後60日間の居所やサービス利用状況、在宅生活の満足度等を調査し、報告しています。

●圏域別多職種連携会議(調査結果等報告会)

上記の調査結果について、二次保健医療圏域ごとに関係者への報告会を行い、地域課題の共有や地域ルールづくりを図っています。

▲画面上部へもどる